学び続けることの大切さ

高校までは、勉強嫌いだと自分に対して思っていました。
宿題や予習復習など、面白くないなぁと。

ただ、好きな教科(古典とか日本史)は、
教科書以外に実際にいろいろな書籍を読んだり、
先生の知識から学べることが面白かったので
そこそこ成績は良かった気がしますが・・・。

大学1年生のとき、
勉強と学問の違いを最初の担任だった先生に
教えてもらいました。
「強いて勉める」から「問うて学ぶ」になるのが
大学からの学びであると。

そうか、自分が知りたいことなら本を読み漁るなぁ・・・。
もともと本は小説、歴史もの、古典文学、純文学、短歌集や詩集にいたるまで、文学系のことは好きですし、エッセイやノンフィクションも好きだなと。

自分が学びたいこと、知りたいことを学ぼうと
社会に出てからは実際の仕事でつまづいたり課題を感じると
とにかく本屋で片っ端から本を買って読んでみて、
実際の仕事で実践してみて・・・自分の考えが確かなのかどうかを
確認することをしていた気がします。
様々な講座やセミナーにも足を運んだり、経営者の会とかに参加して
自分の考えを聞いてもらったりしていました。
(若い頃はがむしゃらだったなぁー。)

そんな私が社会人になってからすごく自分の礎になっている
学びをいくつかご紹介します。ぜひみなさんも学び続けてみてくださいね。

※自分をマーケティングするための学び
エリエスブックコンサルティング
自分マーケティングの講座や様々な土井さんの講演は
自分自身の「価値」を可視化する上でとても役に立っています。

※地域を経営するための学び
都市経営プロフェッショナルスクール
昨年受講し、自分がいかに「無知」であるかを突きつけられ、
そしてどう行動すればいいのか、考えればいいのかの
ヒントをたくさんもらえた講座です。

※自己探求、内省のための学び
C+F研究所
今の仕事をする上でも、人生を歩む上でも、
ここでの学びなくしては、今の私はいないなと。
自分の心の状態と常に向き合えるかどうかで、
他者に対しても寛容であり続けられるし、
何より自分自身が苦しまなくて済む。
最近、通えていないけれども、時間が合えば通い続けたい場所。

広告

4月からの仕事

とてもありがたいことに最近は年間でお仕事を下さる方も増え、来年3月までのだいたいの仕事は確定しています。

それ以外の熱海の地域活性系のお仕事や、新規のお客様のお仕事がその合間に入ってきます。

メイン事業となったエグゼクティブコーチングは同世代の信頼関係のすでに構築できている経営者の皆様が対象ですが、都内2社、川崎1社、三島1社、熱海1社と継続してくださっています。

研修においても年間受注が3社あり、毎月のお客様もあれば、年4回などのタイミングでの研修を行う企業さまもあります。

コンサルでもなく、講師でもなく、経営者とともに組織づくり、人材育成のサポートをさせていただく形がメインとなってきました。

私にとってはとてもやりがいもあり、若い頃から学んできた組織開発を活かしながらチャレンジできる環境にあります。

そのほか、傾聴をベースにしたワークショップや講師依頼も行政やNPO法人さんから頂いており、こちらもリピートしていただくケースが多く、とてもありがたいことだと思っています。

来年度も私なりの考えや思いを発信していけたらと思います!

再スタート

ここ2年ほど、ほぼブログを更新できずに過ごしていました。

この2年くらいの間に、
・2016年11月:熱海(創業支援プログラム)との出会い
・2017年5月:パートナー(元夫)の起業
・2017年7月:パートナー(元夫)との離婚
・2017年8月:熱海でHUBlic合同会社を立ち上げる
・2017年8月:武蔵新城の仮住まいへ引っ越し
・2018年3月:IzuGraceSalonを閉める
・2018年4月:熱海と武蔵新城の2拠点生活開始
・2018年10月:熱海へ完全移住
・2019年2月:新しいパートナーとの同居開始
・2019年4月:新しいパートナーと入籍予定

と、公私ともに激動な2年を過ごしていました。
フリーランスとして11年半、伊豆に移住して丸10年になります。
自分でも予期できないことがたくさん起きました。
自分のキャリアが激動すぎて、自分の考えを整理するよりも、
とにかく動きまくった2年だったと思います。

そして今年は、新しい生活がスタート。
仕事では今までの個人事業主からHUBlic合同会社の代表として
組織として仕事をしていくこと、
プライベートでは新しいパートナーとの結婚ということで
新しい家族、親戚がたくさんできました。
何も起きなければ熱海へ永住しつつ、
仕事は全国を行ったり来たりという生活になりそうです。

これを機にまた少し時間に余裕ができたので、
また綴っていきたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。