生きているということ

大切な人を亡くすたびに、
今、生きているということの奇跡と、
生まれてきたということの喜びと、
いつかは、今生の、この私という体との
お別れが来ることと、
肉体がなくなったとしても存在はあるということと
いろんなことを同時に考える。

人の死を感じるたびに
同時に自分の生を強く感じることは、
同じことのような気がして。

今、ある命、生をどう全うするのか、
毎回問われるような気がしている。
今生のこの肉体で何ができるのか。

誰かの代わりに生きることはできないけれど
自分の生を全うすることはできるから、
ただ今ある命を受け止めて生きる。

人の死をジャッジすることはできない。
悲しいとか早すぎるとか感じた瞬間に、
受け止めきれないものに変わっていく。

その人が生きていた奇跡、
その人が生きてきた確かな実感と、
その人の思いや志が今も尚、ここにあることと、
ただ受け止め祈る。

「いつか」は、ないんだ。
「今」しかない。

淋しさとともに。
感謝とともに。
ご冥福をお祈りいたします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。